PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プログラミングカーの口コミレビュー!対象年齢3歳遊べる?

プログラミングカーの口コミレビュー対象年齢3歳は妥当? 知育玩具・教育・おもちゃ

2020年度から小学校でのプログラミング教育が必修化となります。

小学校の授業で初めて触れるというよりも小さいうちからプログラミング的思考を養う、プログラミングに触れてほしいと思うのも親心。

今はプログラミング的思考を身につけるためおもちゃやゲームがたくさん販売されています。

今回は、その中でも小さい子供から使えるおもちゃでプログラミング的思考を身につけられるプログラミングカーについて紹介します。

また実際に4歳の子供が遊んでみましたので口コミの気になる部分をレビューします。

対象年齢が3歳からとなっているけど、3歳でもうまく遊べそう?

本当にプログラミング的思考が身につくもの?
口コミが気になる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめてのプログラミングカー(学研)の口コミは?

学研から発売されているはじめてのプログラミングカー。2018年の日本おもちゃ大賞を受賞した注目の商品です。

実際に子供が遊ぶ様子を見て、日本おもちゃ大賞を受賞しただけあるなと考えられたおもちゃでした。

購入者からの口コミでも、子供たちが楽しんで遊んでいる様子がうかがえます。

■楽しく学べる!
・年長さんでも十分楽しんで遊べます。友達や両親とお話を考えながら、車の行き先を決めて、色々な場所を通って帰って来る等、遊びの幅は無限です。
車に好きなぬいぐるみや家族の絵を描いた紙を貼ったりして、車に乗ったつもりになって自由な発想で、遊ぶのがオススメです。
・5歳と6歳の孫が喜んで遊びました。プログラミングは簡単で、すぐにコツを掴んでしまい、飽きが来たように見えたので、マップに行きどまりなどの障害物(割りばしなどで通せんぼする)を置いて、難易度を上げると、挑戦意欲が上がって夢中になっていました。

また、実際に遊んでプログラミング的思考が身につくかという視点からこんな口コミもありました。
■プログラミングごっことしては最適
・最初のうちは説明書を見ながら、簡単なミッションを与えていましたが、そのうち子供たちだけでルートを考えながらやりだすようになりました。プログラミングの入門編といったところでしょうか。
・カードをかざして、スタートボタンを押すとその通り動くというのは面白い商品だと思う。私は仕事でプログラミングをやっているものですが、
付属している冊子の問題を自ら熱心に取り組もうとする子であれば、プログラミングの才能があると思います。
親にやってみてと言われて、分かんない。出来ないと放り出す子は、年齢が早すぎたか、そもそも興味がない(向いてない)かもしれないです。
出来ないからと責めないように気をつけたほうがいいですね。
そして、親からするとプログラミングなんて教えられるの?という不安があるかもしれませんがこのプログラミングカーであれば、遊びを一緒にやるという感覚でできますよ。
ということで、こんな口コミが。
■親が持っているプログラミング・アレルギーを除ける
うちは4歳2ケ月ですが、最初に遊び方を見せて、教えてあげたところすぐに自分で出来るようになりました。
最初はマップのどこに行きたいかが重要になります。
上級者はループを使って家じゅうぐるぐる動かして遊んでいると思う。
情弱なパパ、ママはプログラミングなんていうおどろおどろしい呪縛から解放される一歩になると思います。
プログラミングの入門としては十分に使えるおもちゃで子供も楽しくプログラミング学べそうですよね。
ただ、こんな口コミもありました。
■飽きが来る
・子供は直ぐに理解して遊んでましたが、直ぐに飽きたようです
使い方が簡単なので飽きが来てしまう可能性はありますが、思考を変えてやってみるよう親が促したりするとまた新たなチャレンジができます。
うまく使いこなすと遊びの幅が広がりますね。
■車がマップからずれていってしまう
・ひとつ残念なのは、
走っていくと、マップからずれていってしまい、どうしても手を出して軌道修正してしまい、その結果ちゃんと自分の命令通りに動いたかわからなくなる点です。
・マップの折り目に引っ掛かりやすいので、きちんと広げ、抑えをしておく必要がありました。
ここは、残念な部分でもあります。プログラミング思考的な面でいえばよく考えられていますが、マップが紙なのでどうしても折り目に引っかかる可能性が出てきてしまいます。
他のプログラミングが学べるおもちゃの値段を考えれば、こういった部分は目をつぶるしかないのかもしれません。とはいえ、改良してほしいところではありますね!

はじめてのプログラミングカー(学研)使用レビュー・感想

こちらの学研のプログラミングカーを4歳の誕生日プレゼントに。

箱を開けて中身を見てみるとこのような感じ。プログラミングを読み込ませるためのプログラミングカーとカード、マップが入っています。

早速マップを広げて遊んでみることに。

ただ、4歳の子供だけでは遊び方がわからず、最初は親がどのように遊ぶか一緒にやりながら実施。

何回かやっていると自分でもできるようになり、どこに行きたいかで読み込ませ方を変える手法を覚えました。

なかなかのいい出だしでしすよね。かなり熱中して遊ぶことができましたよ。

一緒に遊んでみて親の視点からメリットデメリットを紹介します。

プログラミングカー遊んでみたメリット

・プログラミング思考、論理的に考える思考が身につきそう!
・楽しみながら学べる
・小学生位まで十分長く遊べる
・コスパはいい!

一番気になるプログラミング的思考という意味では考え方はこれで十分身に付きます。どういう道筋で行けばいいかというのを自分なりに考えて遊ぶことができます。

また、勉強する!という感覚は全くなく遊びとして捉えることができるので楽しみながら学ぶことができる商品です。

対象年齢は3歳からとなっていたため4歳の子供に購入しましたが小学生低学年のお姉ちゃんも一緒に遊んでいました。小学校での授業でも活かせそうです。

見た目は安っぽいように感じますが他のプログラミングおもちゃと比べると安いです。口コミにもあったようにマップはもう少し改善してほしいところですが。これはデメリットですね。

プログラミングカー遊んでみたデメリット

・マップの折り目がきつく車がずれる
・3歳には難しい

メリットの部分でも触れましたがマップの上を車が走るのですが、そのマップの折り目で車がずれた方向に行ってしまいます。しっかりと広げるのとじゅうたんなど軟らかい場所では使えません。

また、対象年齢は3歳からとなっていますが、3歳では早いです。単純に車遊びと考えれば問題はありませんが、自分で考えてマップの道筋をたどらせるということはまだできないと思います。

4歳になるとようやく自分で考えることができるので、このおもちゃが生きてきます。

 

まとめ

小学校のプログラミング授業でどのようなことが行われるかまだ未定ではあるものの最初はこのようなプログラミングカーのようなもので遊びながら学ぶということをするのではないでしょうか。

そういう意味でもこのプログラミングカーはとてもいい商品で、プログラミング思考が身に付きます。知育玩具としては最適です。

コスパ的にもいい商品でさすがおもちゃ大賞を受賞しただけあります。送料無料で安いのはこちらのショップです。

 

タイトルとURLをコピーしました