スポンサーリンク
スポンサーリンク

氷嚢100均のダイソー等は水漏れの心配も。アシックスメーカー品との違いは?

熱中症予防や暑さ対策としていろんな商品が出ています。

その中でも瞬間的に身体の熱を冷ますことに使われる氷嚢(アイシングバッグ)はひんやりグッズとしてこの夏大活躍間違いなし!

そんな氷嚢ですがダイソーやセリアなどの100均でも販売されており、メーカー品のお値段の10分の1以上と安いですよね。

その値段の安さゆえに100均の氷嚢に注目が集まっていますが、水漏れなど使用面や効果が心配という声も。

実際のところ100均の氷嚢はどうなのでしょうか?

今回は100円均一ショップで販売されている氷嚢とスポーツメーカーなどメーカーが販売されているものとの違いやおすすめ品について紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

100均の氷嚢はダイソー・seriaなど大手で購入可能。

ダイソーやseriaのような100円均一ショップではひんやりグッズが数多く販売されています。そして、氷嚢も100円ショップで購入することができます。

ただ、他のひんやりグッズが目立つため大型ショップでしか売られていない可能性もあります。

気軽にお試しできるのは100円均一ショップですね。

100均の氷嚢の効果は?口コミ評価を紹介

その100均でお安く買える氷嚢ですが品質や使ってみてどうなのか気になるところです。

口コミを見ているとこんな声も。
・水漏れした…
・小さめに感じる…

ゴム製の布生地をしようしており防水加工がされてはいるもののやはり100均の商品では水漏れの心配もあるようです。

また大きさとしては、約70×78×135 mmと手のひらサイズです。

局所的に利用するので大きさはこだわらないという場合は問題ありませんが、持ち運ぶとなると氷を多く入れられない分、小さいと感じるかもしれません。

持ち運ぶ際にバッグの中が濡れてしまっては意味がありませんし、長時間外で使用する場合は、冷えに物足りなさを感じるかもしれませんね。

ただ、自宅でやけどをおったときに局所的に熱を冷ます場合であったり、ペットに使用するといった場合には、100均でも十分活用できます。

アシックスの氷嚢の効果は?口コミ評価を紹介

スポーツメーカーが出している氷嚢は100円均一の商品に比べて値段が高い分、品質も高いです。

asicsのこちらの商品は、売れ筋ランキングでも1位を獲得する人気商品。気になるランキングはこちらからご覧ください。

check→アイシングバッグ(氷嚢)の人気ランキングはこちら

asicsの商品がランキングの上位をほぼ独占している程人気の高い氷嚢ですが、スポーツをする際に大活躍です。

特に活躍しているのが部活動をする子供の熱中症対策として。

・野球をしている息子へ
・陸上部の孫へ
・サッカーに夢中の孫にもせがまれて

激しいスポーツ、屋外でのスポーツをした後にしっかり熱を冷ましてくれるとなると100均の商品では少し物足りなさを感じます。

100均の商品では水漏れや結露が心配でしたかが、こちらのアシックスの氷嚢はその心配もないです。

・ホントに結露しなかったです 他の人の氷嚢は雫が垂れてたので違いがよく分かりました。
・夏のゴルフに重宝しています。外側が濡れてこない。

asicsの氷嚢は、サイズとしてはS、M、Lと選べます。
・S:15cm
・M:23cm
・L:27cm

100均のものが7~8cmなのでasicsのこちらの商品のSサイズよりも小さいことがわかります。

大きさについては用途に応じて考える必要がありますが、部活動や夏に使用する場合はSでは氷があまり入らないのでMがちょうどよい大きさでおすすめです。

スポンサーリンク

ゴルフの氷嚢はトミーヒルフィガー

100円均一の商品との違いとして品質面をお話ししましたが、ゴルフで使用となるとさすがに100均は…という人もいますよね。

そんな方におすすめなのがトミーヒルフィガーのおしゃれなアイスバッグです。

選べるカラーは2色ですが、見た目がオシャレなだけでなく機能面でも暑さをしっかりカバーしてくれ熱中症対策にもってこいです。

暑さ対策だけでない氷嚢の活用方法

暑さ対策、熱中症対策としてスポーツや普段の生活でも大活躍の氷嚢ですが、それ以外にも活用方法はあります。

・やけど
・頭痛
・捻挫
・筋トレ
・熱さまし
・ペットの熱中症対策

熱を冷ますという効果が期待できますのでさまざまな用途に使用できます。また、生地がしっかりしているものであれば、繰り返し使うことができますよね。

まとめ

いかがでしょうか?100円均一とスポーツメーカーの氷嚢では価格の面で違いがある分、スポーツや部活動で使用するにはしっかりとしたメーカー品がよいですよね。

さらに持ち運ぶのであれば水漏れや結露の心配もありますので、値段が高くてもメーカー品のもので長く使用することをおすすめします。

用途に応じて使い分ければ100均のものでも十分活用できますので自分が何に使用するのか考えて購入してみてください。メーカー品であれば人気ランキング1位のアシックスの氷嚢がおすすめですよ。

 

タイトルとURLをコピーしました