スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボンボンウォッチの電池交換とストーン修理をしてみた!

数年前に自分へのご褒美として購入したボンボンウォッチ。

しばらく使っていないまま放置していたら、当然電池は止まっているしベルトもボロボロ、装飾ストーンもところどころ外れて悲惨な状態になっていました(涙)

スマホで時間を確認できるから腕時計の必要性を感じなくなっていたのですが、バッグからスマホを取り出すのって意外と面倒くさくないですか?

ぱっと腕を見て時間を確認できる「腕時計があったらな~」なんて感じる回数が増えてきたので、メンテナンスをしてもう一度付けることにしました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボンボンウォッチの電池交換は自分でできない?

まずは電池交換です。

腕時計の電池交換は街の時計屋さんに持ち込んでやってもらうものことが多いと思いますが、ボンボンウォッチは持ち込んでも断られてしまうといいます。

なぜでしょうか?

ボンボンウォッチが他の時計屋で電池交換できない理由

ボンボンウォッチはアクリル製(樹脂・プラスチック)なので、通常の時計屋さんでは扱えないのだそうです。

本体だけでなく裏ぶたもプラスチックなので、電池交換の時破損するかもという恐怖はたしかにありそう・・・特に長く愛用してきたボンボンウォッチの場合、経年劣化で壊れやすいそうで断られてしまうそう(涙)

預かった大切な時計を破損しては大変!ということで、ボンボンウォッチの電池交換をしてくれる時計屋さんは少ないです。

・・・そう。

少ないながらも、ボンボンウォッチの電池交換をしてくれる時計屋さんは、実はあります!

ボンボンウォッチの電池交換を請け負ってくれる時計屋さん

こちらでご紹介する時計屋さんはボンボンウォッチの電池交換をしてくれますよ!

ご紹介した時計屋さんは、ブログやHPでボンボンウォッチの電池交換を行った実績を公開しています。

近所の時計屋さんに一軒ずつ持ち込みしてボンボンウォッチの電池交換を請け負ってもらえるかどうか確認してみてもいいと思いますが、ご紹介した時計屋さんがお近くにあるようなら、事前に問い合わせをした上で持ち込んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに電池交換価格ですが、ボンボンウォッチ正規店だと1,650円、こちらでご紹介した時計屋さんですと1,000円から請け負ってくれるところもあるようです。少し割安ですね。

ただし、万が一破損が起きてしまった際の補償・修理等はありませんのでご注意を!

ボンボンウォッチのストーンは壊れやすい?

次はストーンです。

ボンボンウォッチの最大の特徴はカラフルなストーン装飾でしょう。

ですがこのストーン、長年使っているうちにいつの間にか取れちゃうことが多いんですよね・・・。

腕時計は毎日身に着けているといつの間にか傷ができていたりするので、傷ができるような衝撃があった場合、ストーンもポロリと取れてしまうのかもしれません。

気が付いたらただの穴になっていた・・・久しぶりに自分のボンボンウォッチを見たら穴だらけだったときのショックったら、筆舌に尽くしがたいです。

外れたストーンが手元にあったら、宝飾用のボンドで付けることもできるかもしれませんが、大体が「いつの間にか取れてた」パターンなので無理でしょうし、あまりオススメもしません。

ここはやはり直営店できちんと修理していただきましょう!

ストーンは1つ770円で修理することが可能ですよ。

ボンボンウォッチを購入されたということは、あの愛らしいデザイン・ストーンに心惹かれてという方がほとんどのはず。

ぶっちゃけ、1つ2つストーンが取れたところでデザインが大幅に狂うとか時間が狂うなんてことはないので、そのまま使い続けても問題はありません。

でも愛用のボンボンウォッチなら、きちんとメンテナンスしてあげましょうよ!

ボンボンウォッチの電池交換・ストーン修理の流れ

ここではボンボンウォッチ直営店に電池交換及びストーン修理を依頼した場合の流れについてご紹介します。

とくにストーン修理は直営店でしか請け負うことができないので、面倒くさがらずにメンテナンスを行ってくださいね!

ボンボンウォッチの電池交換・ストーン修理を依頼する方法は2つあります。

ボンボンウォッチ直営店に持ち込み

ボンボンウォッチ直営店は日本に二か所あります。

東京の銀座本店と、大阪の心斎橋店です。

  • 銀座本店
    東京都中央区銀座7-6-12(花椿通り沿い)
    電話 03-3289-0016
  • 心斎橋店
    大阪市中央区心斎橋筋2-2-22 小大丸ビル1階
    電話 06-6484-2656

修理を依頼する時は上記2つのうち近い方の直営店へ持ち込んで相談をしてみましょう。

電話・メールで問い合わせ

直営店が近くにない場合は、電話やメールで問い合わせをしましょう。

今回私は「ボンボンウォッチ WEB問い合わせ担当」のメールアドレスに修理見積依頼のメールを出しました。

WEB問い合わせ担当のメールアドレス:webshop@bonbonwatch.co.jp

朝9時にメールを出したら11時に返信がありました。早っw

もしメールをしても2日以内に返信がない場合はwebshop@bonbonwatch.co.jpからのメールを受信できるように設定にできているか確認してみましょう。

正しく設定されているのに返信がない場合は電話(03-3245-0211)で問い合わせしてみてくださいね。

問い合わせから修理完了までの流れ

問い合わせから修理完了までの流れを簡単に説明するとこんな感じになります。

  1. 問い合わせする
  2. 修理費用見積(概算)を出してもらう
  3. 時計を発送する
  4. 実際の修理費用を出してもらう
  5. 納得がいけば修理費用を銀行振り込み(手数料は依頼主持ち)
  6. 今回は3週間で修理完了予定の連絡をもらう
  7. 修理完了メールが届く
  8. 時計が届く

修理費用は前払い(銀行振り込み)で、支払い完了して修理スタートとなります。

時計を発送する際の注意点

時計の発送と修理完了後の発送は、依頼主負担になります。

精密機械なのでプチプチなどの緩衝材でしっかりくるんで、丁寧に梱包&発送するようにしましょう。

また荷物追跡ができるサービスを利用して発送することをお勧めします。

私愛用のボンボンウォッチの惨状

さて、今回実際に修理を依頼したボンボンウォッチですが、かなりボロボロな状態でして・・・。

ボンボンウォッチの電池交換とストーン修理 ボロボロ

本体は穴だらけな上、ペイズリー柄のベルトもところどころ剥げてます(涙)

私愛用のボンボンウォッチに必要な修理は以下の3項目になります。

  • 電池交換
  • ベルト交換
  • ストーン修理

まぁ、フルセットですね!

10年近く前に毎日腕につけていましたからね・・・仕方がありません。

ボンボンウォッチの電池交換・修理にかかった費用は?

メールでお問い合わせをすると購入店と外れた石の数についてきかれました。

素人目視で14個、空いた穴があったのでそう伝えました。

ボンボンウォッチの電池交換・修理のお見積りは?

電池交換は税込1,650円です。

ベルト交換はデザインによって変わりますが、通常のグレーベルト(実際は白っぽいです⇒参考ページはこちら)で6,600円です。

ストーンは1つ770円なので、10,780円ですね。高っ(涙)

修理完了後の送料として900円かかります。

総額見積は19,930円・・・そこそこの値段ですよね。

ちょっとした時計が1本買えちゃいます。

ここで気持ちが萎えてボンボンウォッチを諦めてしまう人もいるでしょう。

でも!

あなたが大切にしてきたボンボンウォッチを、修理代と同じ価格の別の時計にしちゃってもいいんでしょうか?!

ちなみにボンボンウォッチは25,000円を下回ることはありません!

私の愛用ボンボンウォッチはペイズリー柄が特徴的な「ミニ・カシミール」というシリーズのもので29,000円 (税別)の物です。

メンテナンスをケチって捨ててしまうのは、少しもったいないと思いませんか・・・?

というわけで、思い切って修理を正式にお願いすることにしました!

「ボンボンウォッチ WEB問い合わせ担当 宛」に時計を発送して、正式なお見積りをしていただきます。

ボンボンウォッチの電池交換・修理で実際にかかった費用は?

発送してから数日後、実際に専門家に見ていただいてからの正式な見積りがメールで届きました。

  • ストーン修理14個:税込7,700円(特別価格)
  • ベルト交換:6,600円
  • 電池交換:1,650円
  • 送料900円

合計16,850円!なんとメールでの見積りから3,000円もお値引きしていただきました!

さらにベルト交換は「シャンパン色のお時計ですので」という理由で、シャンパン色にしていただけるとのこと!

もう嬉しくて、喜々として修理費用のお振込みをさせていただきましたよ!

ボンボンウォッチのメンテナンスは公式に任せて安心!

「修理には3週間ほどかかります」との連絡を受けて待つこと20日間・・・本当に3週間で修理完了のメールが届きました。

ボンボンウォッチの電池交換とストーン修理 修理完了
そして届いたのがこちらです。

ボンボンウォッチの電池交換とストーン修理 プチプチでグルグル巻き
中身が見えないほど、プチプチでグルグル巻きになっています。

ボンボンウォッチの電池交換とストーン修理 プチプチでグルグル巻き2

ボンボンウォッチの電池交換とストーン修理 袋と封筒
時計は形にフィットしたプチプチの袋に入っていて、封筒も添えられていました。

ボンボンウォッチの電池交換とストーン修理 修理完了で復活
そしてこちらが修理完了した私愛用のボンボンウォッチです!

ボンボンウォッチの電池交換とストーン修理 きちんと石がすべて入っている
きちんと石がすべて入っています。

ボンボンウォッチの電池交換とストーン修理 裏側も破損なし
裏側も当然破損ナシ。

ボンボンウォッチの電池交換とストーン修理 取り替えたベルトと手書きのレター
添えられた封筒には、取り替えたベルトと手書きのレターが。

ベルトは残念ながらペイズリー柄のものではなくなってしまいましたが、本体もベルトもピカピカ綺麗で大満足です!

時間も正確な時間にセットされていましたよ♪

ボンボンウォッチは電池交換しなくてはならない頃には、本体の石もメンテナンスが必要となっている頃じゃないかと思うんですよね。

石が1つも取れていなくて、電池交換だけして欲しいということであれば、ご紹介した時計屋さんや近所の時計屋さんに相談してみてもいいと思いますが、やはり直営店にお任せした時の安心感はプライスレスですよ~。

これでまたボンボンウォッチをつけることができるようになりました!

久しぶりの腕時計をつけてお出かけするのが楽しみです♪

タイトルとURLをコピーしました