スポンサーリンク
スポンサーリンク

しまうまプリント年賀状の口コミ※実際に注文レポ!

しまうまプリント年賀状の口コミ※実際に注文レポ!
ネットプリント専門店の中でコスパ・お客様満足度・品質満足度が高いとして第1位三冠を獲得したしまうまプリント。

その実力は本当なのかどうか、実際に年賀状を作ってみた時の口コミを中心に徹底的に調査しました。

これから年賀状を作る、しまうまプリントで作ろうか迷っている人にとって参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

しまうまプリント年賀状の口コミ【悪いのも!】

早速ですが実際にしまうまプリントで年賀状を作った人たちの口コミをみてみましょう!

まずは年賀状の作り方についての口コミです。

しまうまプリントで年賀状を作る時どんなだったかがわかりますよ。

年賀状作り方の口コミ

  • 初めて貴社の年賀状作成を使わせていただきましたが、昨年1日かけて行った年賀状作成が、2時間くらいで終わってほんとに感謝です。
  • 今まではお店にいって作成してたけど、アプリでこんなに早く手軽に作れるんだって感動してたよにやにやした。
  • しまうまプリントの年賀状作成がめちゃめちゃスムーズ。
  • 今年はもうやめようかと思ってたけど、ネットでこんなに簡単に出来るなら出そっかってなった!
  • 年賀状をいざ印刷しようとしたら自宅プリンターが動かなくなり困っていたところ、地元鹿児島のしまうまプリントさんが年末も営業していたので、数あるデザインの中から作成してもらいました。迅速対応ありがとうございました号泣。
  • 年賀状しまうまプリントにしようと思ったけど使い勝手悪すぎてイライラして古巣のウェブポに戻ってしまった…。
  • 年賀状の制作にようやく取り掛かるが、しまうまプリントがめちゃめちゃ重くて全然動かない。みんな一緒か。

「アプリで手軽に」「短時間で簡単に」作れた!という口コミが多いようです。

自宅で年賀状を作っている時のトラブル時に、しまうまプリントに頼んで助かった!といった口コミもありました。

たしかに年賀状作成ソフトがクラッシュしたとか、プリンターの調子がおかしくなった!とか、シンプルなところでインクが足りなくなった!などといったトラブルに見舞われることってありますよね。

でもしまうまプリントは【年末まで】営業しているので、ギリギリでも依頼することが可能!

「いざという時のしまうまプリント頼み」と覚えておくと良いかも。

悪い口コミとしては「(アプリの?)使い勝手が悪い」「(サイト)が重い」という口コミも。

しまうまプリント年賀状では、数多く用意されているデザインにオリジナルの写真をはめこむだけで年賀状デザインが完成されるようになっていますが、「もう少し文字を大きくしたい」「写真の枠を大きくしたい」といった細かな指定ができない=使い勝手が悪いという口コミに繋がっている可能性はあります。

簡単に年賀状が作れるということは、デザインの自由度(アレンジの幅)は制限されているということでもあるんですね。

またパソコンやアプリで作成する時、タイミングによってはアクセスが集中してサイトやアプリの動きが重くなる可能性も否定できません。

土日など時間ができた時に年賀状を作ろうと考えている人はきっと多いですから、土日の夜などはアクセス集中して作業しづらくなることもあるかも。

時間や曜日をずらすなど、アクセスが集中しないタイミングを見計らって作業すればスムーズに年賀状を作ることができるでしょう。

年賀状印刷コストの口コミ

次はしまうまプリントで年賀状を頼んだ時のコスト、費用についての口コミです。

しまうまプリントの年賀状は安いことで評判ですが、実際のところどうなのでしょうか。

  • 年に1回のインク代も要らなくなるのでコストダウンです。
  • 綺麗だし、早割だとぶっちゃけインク代より安いし、勿論印刷失敗しないし、もう来年からもプリントお願いすることに決めました。
  • 昨年までキタムラ年賀状でしたが、今年からしまうまプリントに乗り換えました。
    コストが2/3くらいになりました!
  • デザイン可愛いのばっかりだし、こんなギリギリなのにまだ割引中・・・すごい!!
  • 個人の年賀状が上手く印刷できなくて、最小ロット4枚のしまうまプリントで頼んだけど基本料金1980円なの見落としてた。
  • プリンターが動かなくなり、年賀状のテンプレはできてるのに印刷できない事態になってしまい、急遽しまうまプリントにお願いしました。既に自分で買ってある白い年賀状は持ち込めなかったので結構な痛手です…。

自宅で年賀状を作る場合って、年賀状のデザイン本を購入したり、インクを新調したりと何かとお金がかかるんですよね。

でもしまむらプリントならインク代不要!

年賀状はがきも料金に含まれているので別途購入不要!

印刷し損じも無い(料金内)ので、結果的にコストが2/3まで抑えることができたという口コミもありました。

ただし気を付けなければならないのは、「基本料金」がかかるということ。

最小ロット(4枚)で依頼してしまうと、かえってコストが高くついてしまうことも…。

また年賀状の持ち込みはできないので、自分で年賀状を用意してしまった場合は無駄になってしまいますから注意が必要です。

年賀状印刷仕上がりの口コミ

次は実際に印刷された年賀状の出来栄え、仕上がりについての口コミです。

しまうまプリントで年賀状を作った人たちは、その仕上がりについてどう感じているのでしょうか。

  • しまうまプリントで年賀状印刷してるけど、安いのに仕上がりが綺麗!
  • 自分で印刷するより全然キレイだし大満足。
  • しまうまプリントに頼んだ年賀状が元画像から掛け離れて暗すぎて娘の顔が見えない…。
    レビューと全然違う出来上がりにめっちゃショック。

良い口コミも悪い口コミもありました。

前提として、しまうまプリントはネットプリント専門店です。

株式会社しまうまプリントの代表のメッセージにこうあります。

しまうまプリントでは【写真をもっと楽しく、想い出をもっと身近に】を経営理念に掲げ、お客様の想いの詰まった大切な一瞬を「写真」や「フォトブック」としてカタチに残していただけるよう、高品質でありながら低価格、スピーディにお届けするサービスをご提案させて頂いております。

引用:わたしたちについて|しまむらプリント

写真プリントの技術に強みがあるので、写真つき年賀状の仕上がりもとても綺麗なんですね。

自宅のインクジェットプリンターとは比較にならない、美しい年賀状が作ることができます。

ただしネット経由なので、時に「思ってたのと違う」ということがあるかもしれません。

パソコンやスマホの画面では綺麗だったのにプリントしてみたら「なんか違う」と感じたことが、自宅でプリントした時にもありませんか?

しまむらプリント年賀状のQ&Aにも説明がありました。

液晶画面は透過光で見ており実際の印刷よりは液晶の方が明るく見えるため、お客様のモニターでの見え方と、実際の商品の見え方の違いにより思い通りに色調補正結果が得られないケースもあります。

引用:年賀(PC)どんな画像でも色補正してもらえますか?|しまむらプリント

生産工程で生じた問題(汚れ・加工ミスなど)であれば、届いてから7日間以内にカスタマーサポートセンターに連絡することによって対応してもらうことが可能です。

ただしパソコンやスマートフォンなどで見た色合いと商品の色合いが異なる、写真がぼやけているといった問題に対してのサポート(返品・交換)はできません。

仕上がりにこだわりたい人は、ネットサービスではなく自作される方が納得のいく年賀状を作ることができるかもしれません。

とはいえ、写真店で使われている「銀塩写真方式」で仕上げで作られたしまむらプリントの年賀状の美しさには定評があるのでご安心ください!

しまうまプリント年賀状の特徴

ここからはしまうまプリント年賀状の特徴をご紹介していきます。

しまうまプリント年賀状だとこんなことができる、こんなお得があるという耳より情報なので、ぜひチェックしてくださいね!

スマホで年賀状が作れる

ネットプリントサービスとしてはもはや常識となっていますが、しまうまプリントもスマホアプリで年賀状作成ができます。

途中保存して後から再編集することもできるので、多忙な時期でもスキマ時間を利用して年賀状を作ることが可能です。

写真はスマホにすべて保存しているという人も多いのでは?

PCやクラウドにいちいち転送しなくても、スマホに保存した写真をはめこむだけで綺麗な写真付き年賀状が作れるのは便利ですよね!

宛名印刷は無料

せっかく通信面が綺麗にプリントできたのに、宛名印刷で失敗して涙した経験はありませんか?

なんとしまうまプリント年賀状は無料で宛名印刷もしてくれるんですよ!

フォントやレイアウトなども選ぶことができます。

ちなみにしまうまプリント年賀状の宛名情報は、パソコンやアプリから通年で閲覧・編集可能なので、オンライン住所録として活用も可能です。

別の年賀状ソフトなどで作成した住所録でもCSVファイルであれば、そのまま取り込むことができますよ。

  • 筆ぐるめの住所録の取り込み方法はこちら
  • 筆まめの住所録の取り込み方法はこちら

住所録管理が無料

データをクラウドなどで管理するにはお金がかかるものですが、しまうまプリントの住所録は無料で利用することができます。

PCのマイページからなら、宛名住所一覧のページに入った後「送受信履歴管理」をクリックすると、年賀状を送った人と受け取った人を3年分まで管理できる送受信履歴機能を使うことができます。

一度登録しておけば、年賀状だけでなくお中元やお歳暮の宛先調べなどにも利用できて便利ですね。

これを機会にしまうまプリントに宛名情報を集約して管理してみてはいかがでしょうか。

宅配便送料無料

ネットショッピングだと配送料が別途かかることがありますが、しまうまプリントは無料で発送してくれます。

発送はゆうパックで日曜日・祝日でも届けてくれますよ。

意外と好評なのが、”豆腐パック”のようなしまうまプリント独自の梱包技術。

はがきが傷まないように専用トレーに入れ梱包し、さらに外袋に入れた状態で届けられます。
しまうまプリント年賀状の口コミ 専用トレー

投函代行サービス無料

無料で宛名印刷もしてもらったなら、いちいち届けてもらわずにそのまま投函までしてもらえたらいいなぁって思いませんか?

しまうまプリント年賀状では、投函代行サービスも無料で行っています!

作成から投函までぜーんぶしまうまプリントに丸投げすることができちゃうんです。

1枚ずつ個別にメッセージを書き込んだりしない人や企業にとってはありがたいサービスですよね。

早割キャンペーンがある

しまうまプリントでは年賀状受け付けが毎年10月に始まるようですが、早割キャンペーン適応期間で注文すると、半額以上の割引を受けることができるとのこと!

しかも半額以上の早割は11月20日ごろまであり、その後も12月後半クリスマス翌日ごろまで割引サービスがあるそうですよ!

気が付いたら年賀状ギリギリ!という人でも、しまうまプリントでなら割引サービスを受けることができるかもしれないので、まず確認してみることをおすすめします。

早割キャンペーンの適応期間はその年によって異なりますので、必ず公式サイトでチェックしてくださいね。

しまうまプリント年賀状  
早割キャンペーンはこちら!

デザインが豊富

しまうまプリント年賀状では無料で使えるデザインテンプレートが約900種あります。

写真をはめこむだけのテンプレートだけでなく、イラストテンプレートもありますよ。

もし気に入ったデザインがなかった場合は、完全オリジナル年賀状を作ることも可能です。

企業ロゴなどを入れたいなどといった場合には、PhotoshopやIllustrator等の編集ソフトで作ったデータを入稿することによって実現できます。

年賀状デザインにこだわったけどさらに印刷するのとか面倒!

自宅のプリンターだと仕上がりがイマイチ!

などといった場合、しまうまプリント年賀状に頼んでしまえばあとはラクチンです♪

しまうまプリント年賀状の注意点

しまうまプリントで年賀状を作る時、あらかじめ知っておくべき注意点がいくつかあります。

期待していた内容とサービスが違うといったことにならないように、おさえておきましょう。

年賀状到着まで日数がかかる場合がある

しまうまプリント年賀状は九州・四国工場からゆうパックで発送されます。

たとえば鹿児島から関東までだと投函の翌々日の配達となるので、3日かかるという計算です。

ただし12月中旬以降は注文増加に伴い、しまうまプリントサイト上で告知しているお届け予定日が変更となる場合や、年末の物流量増加に伴い配送業者の配送遅延が発生するケースもあるとのことなので、時間には余裕をもって注文した方がいいですね。

どうしても年内に年賀状を届けたいというのであれば、無料の宛名印刷・投函サービスを利用してしまうという手もありますよ。

早期割引がきかない基本料金がある

しまうまプリントで年賀状印刷を注文すると、基本料金とプリント料金がかかります。

しまうまプリントで年賀状を初めて注文すると基本料金が1,980円かかり、年賀状または喪中/寒中はがきを過去に注文して今回2回目以降の場合は基本料金の600円になります。

過去にしまうまプリントでフォトブック、写真プリントを注文していても、年賀状プリントの基本料金の割引は適用されません。

実はこの基本料金、早期割引の対象外なんです。

必ず基本料金はかかることを念頭において料金を計算しておかないと、予想よりコストがかかって高く感じてしまうかもしれません。

「基本料金があるんじゃ高いんじゃ?」と不安に思われるかもしれませんが、基本料金があっても、プリント料金が半額以上割引される早期割引などがあるのでやはり安いことに変わりはありません。

どうぞご安心ください。

印刷仕上げと写真仕上げで料金が異なる

しまうまプリントの年賀状には、印刷仕上げと写真仕上げの2種類から選択することができます。

それぞれの特徴についてご説明しますね。

印刷仕上げの特徴

業務用カラーレーザーによるオンデマンド印刷で、はがきに直接印刷します。

完成品到着後、自宅の家庭用プリンターで宛名印刷が可能です。

はがきの周囲に5mm程度の白フチがつくので、全面印刷を希望する場合は写真仕上げの方が良いかもしれませんね。

写真仕上げの特徴

一般的な写真店と同じ銀塩方式でプリントする富士フイルムの写真印画紙で、写真のような鮮やかで高画質な仕上がりになります。

印画紙をはがきに貼り付けて仕上げるため厚みがあるので、家庭用インクジェットプリンターでは紙送り不良が発生する場合があるとのこと。

つまり、完成品に自宅プリンターで宛名印刷をすることはできないということですね。

写真仕上げで作る場合は、無料の宛名印刷も同時に注文することをおすすめします。

ちなみに写真仕上げは印刷仕上げの1枚当たりの料金+20円ほどかかるようです。

結婚した、子どもが生まれたなど何か特別な写真で年賀状を作る時は、写真仕上げを選んで記念に残してみてはいかがでしょうか。

年賀状の持ち込みは不可

しまうまプリントでは自分で購入した年賀状はがきに印刷してもらうことはできません。

年賀状はがきの購入から印刷、はては投函までおまかせできるのですから、楽でよいという考えもありますが、自作しようとして年賀状はがきを買ったけどやっぱりしまうまプリントに頼むことにする場合、手元にある年賀状はがきが無駄になってしまうんですね。

とはいえ、後から年賀状を出すことになった場合の余分として使うことはできますし、郵便局に持ち込めば手数料(1枚につき 5円)を支払えば、切手やはがき、レターパックなどとも交換することができます。

まったく無駄にはならないのでご安心ください。

しまうまプリント年賀状はこんな人におすすめです

口コミや特徴などを徹底調査した結果、しまうまプリント年賀状はどんな人におすすめなのかまとめました!

  • 短い時間で簡単に年賀状を作りたい人
  • 安いけど高品質な年賀状を作りたい人
  • スマホの写真を使って年賀状を作りたい人
  • 特別記念になるような写真付き年賀状を作りたい人
  • デザインはできるけど印刷は業者に任せたい人
  • 年賀はがきの購入、印刷、投函まで任せたい人
  • ギリギリで年賀状を作りがちな人
  • オンライン住所録で管理したい人

年賀状作りでありがちな悩みを解決してくれるような、そんなサービスであることがわかりました。

年賀状を作る時期は誰もが多忙で、「そういえば年賀状作ってない!」となりがちですよね。

でもしまむらプリント年賀状なら、スマホでサクサクと作ることができますし、自宅プリンターの機嫌を損ねてイライラするといったこともありません!

年に一度しかやらない作業だからこそプロにお任せして、楽して素敵な年賀状を作ってみてはいかがでしょうか♪

しまうまプリント年賀状の詳細はこちら!

タイトルとURLをコピーしました